Department of Functionalized Natural Materials, The Institute of Scientific and Industrial Research, Osaka University 大阪大学 産業科学研究所 第2研究分門 自然材料機能化研究分野

Department of Functionalized Natural Materials, The Institute of Scientific and Industrial Research, Osaka University 大阪大学 産業科学研究所 第2研究分門 自然材料機能化研究分野

News

2012/02/07 【新聞】 「透明な紙」が産経新聞に紹介されました。

2012年2月7日 セルロースナノファイバーからつくった「透明な紙」が、産経新聞に紹介されました。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/120207/wlf12020707060000-n1.htm

***********************
透明な紙 ~繊維1000分の1で実現 強く、軽く、熱に強く~

紙の繊維を千分の1まで細かくした「セルロースナノファイバー」を使って透明な紙を作る技術を、大阪大学産業科学研究所の能木雅也准教授が開発した。ガラ スより軽くて丈夫なうえ、プラスチックより熱に強いことから、広い範囲での利用が可能。材料は紙と全く同じで、化石や鉱物資源に頼ることなく製造できる。 処分も容易で、環境への影響も小さいことから、紙の歴史を変える新素材として注目される。

紙の材料である植物繊維そのものは透明で、紙が白いのは、繊維同士の隙間で乱反射が起こるためだ。透明な紙は、普通の紙と基本的な構造は同じだが、植物繊維 を普通の紙の千分の1という15ナノメートルまで細かくし、繊維同士の隙間を限りなく狭め、乱反射を消すことによって生まれる。
これまでも試作は可能だったが、製造過程で生じる表面の凹凸を手作業で研磨しなければならず、実用化の壁となっていた。
能木准教授が開発したのは、のり状にした繊維を特殊な基板に塗って乾燥させ、表面に凹凸ができないようにする技術。より透明度の高い紙を、比較的容易に作ることができるようになった。
繊維が緻密なため、水にも強い。厚みを持たせればガラスよりも軽くて丈夫。プラスチックのように温度によって収縮することもないため、優れた素材として広く活用できる。
窓などの軽量化と強化を両立させるほか、薄くて折り曲げられる液晶画面なども容易となり、応用範囲は広い。原材料が植物であることから、再利用や廃棄などで、自然への負荷が小さく、環境面でも優れた素材として期待できる。
能木准教授は「安価で安全な素材として広く活用できるようにしたい」と話している。

以上 平成24年2月7日 産経新聞 15版1面より (原文)
***********************

 

この成果は、2009年Advced Materialsに発表した「透明な紙」の製造プロセスを、よりシンプルに改良し、さらに透明性や低熱膨張性などを向上したものである。
2009年Advced Materialsに発表した「透明な紙」に関する詳細はコチラ。
Opticallty transparent nanofiber paper” (Original article) in Advanced Materials
Durchsichtige Erscheinung” in neues deutschland (ドイツ語)
Papier transparent pour l’électronique” in La Recherche(フランス語)
Clear Nanofiber Paper” in C&EN
Transparent paper: Clearly different” in nature asia-pacific materials
Transparent paper” in Nature Materials
Materials: Transparent nanofibre paper” in Nature Photonics

一覧へ戻る

© Department of Functionalized Natural Materials ISIR, Osaka University